【COP28】ドバイ滞在記_vol.3 | SPACECOOL株式会社(スペースクール)
BLOG

ブログ

スタッフから様々な情報をお届け
その他

【COP28】ドバイ滞在記_vol.3

宝珠山 卓志(CEO)

COP28にて、日本は残念ながら「化石賞」をもらってしまいましたね、、、。ジャパンパビリオンの一員として参加している身としては、少し残念、、、。
それはさておき、COP28の全体感を伝えておきます。今回は「ブルーゾーン」についてです。

EXPO2020@ドバイの会場跡地を使っているので、広大なスペースに各国政府のパビリオンが点在しています。
「ブルーゾーン」は政府系の議論、説明の場。「グリーンゾーン」が民間企業が出展料を支払えば展示できる商業取引を促進する場。

昨今の地球沸騰化時代を迎えてしまい、もう待ったなしの各国政府。なので、今回は過去最大の7万人の参加を見込んでいます。各国のパビリオンは、いかにかーボンニュートラルに向けて努力しているか?を展示しているのが多いのですが、日本は少し異なり、カーボンニュートラルに向けた技術展示をしています。その中の1社としてSPACECOOLは選ばれたわけですが、今年は特に応募が多かったようで、選ばれたのは光栄な事です。

政府関係者が多いので、スーツ姿の人が比較的多いのが「ブルーゾーン」。みなさん思っているのが、議論だけでは改善できない。必要なのはアクションだ。冒頭で「化石賞」に触れましたが、日本も世界から見ると「もっとアクションを!」と見られているのでしょう。政府、民間の垣根を超えて、頑張らないと。

製品

アイコン

電気などのエネルギーでつくられる涼しさに頼りすぎずに、心地よい涼しさを実現させた新素材。
暑さから大切なものを守り、みんなが快適に、安全に過ごせる毎日を提供します。